/ 親階層)  「MCIオブジェクト」と「イメージ」をそれぞれ別フォームにして母艦内で表示するには
□投稿者/ 匿名 【210.149.120.115】(2014/01/13(Mon) 23:41:28)

    自分がやりたいことは、
    まずウィンドウの中心に「button.png」が表示され
    「button.png」の後ろに「boot.wmv」が再生され、
    5秒後に「message-op.wmv」に切り替わるというものなのですが

    ■MCIオブジェクト
     ・ファイル ←ファイル設定 →ファイル取得
     ・表示先ハンドル ←表示H設定 →表示H取得
     ・X ←X設定 →X取得
     ・Y ←Y設定 →Y取得
     ・W ←W設定 →W取得
     ・H ←H設定 →H取得
     ・タイムフォーマット ←TF設定 →TF取得 #{ms(ミリ秒)|msf(mm:ss:ff)|tmsf(t:mm:ss:ff)}
     ・長さ           →長さ取得
     ・状態   ←状態設定   →状態取得 #{再生,playing|停止,stoped|一時停止,paused}
     ・位置   ←位置設定   →位置取得
     ・ミュート ←ミュート設定 →ミュート取得
     ・音量   ←音量設定   →音量取得
     ・右音量  ←右音量設定  →右音量取得
     ・左音量  ←左音量設定  →左音量取得
     ・速さ   ←速さ設定   →速さ取得
     ・ループ{=0}
     ・元サイズ →元サイズ取得
     ・{非公開}動画か(V)〜OR(V=「.avi」,OR(V=「.mpg」,OR(V=「.mpeg」,OR(V=「.wmv」,V=「.mov」))))
     ・範囲再生(AからBの)〜
       もし、ループがオンなら「play {名前} repeat from {A} to {B}」をMCI送信。
       違えば「play {名前} from {A} to {B}」をMCI送信。
     ・{非公開}ファイル設定(FILE)〜
       もし、Fファイルが空でなければ名前をMCI閉じる
       もし、(FILEが存在)でなければ「ファイルが存在しません」でエラー発生
       「open "{FILE}" alias "{名前}" type mpegvideo」をMCI送信。
       FファイルはFILE
       もし、動画か(Fファイルから拡張子抽出)なら
         元サイズ取得。
         FWは_[2]
         FHは_[3]
     ・{非公開}F表示H
     ・{非公開}表示H設定(V)〜
       もし、動画か(Fファイルから拡張子抽出)なら
         もし、Fファイルが空でなければ
           「window {名前} handle {V}」をMCI送信。
           F表示H=V
       違えば、「ファイルが動画ではありません」でエラー発生
     ・{非公開}表示H取得〜
       それ=F表示H
     ・{非公開}FX{=0}
     ・{非公開}FY{=0}
     ・{非公開}FW{=0}
     ・{非公開}FH{=0}
     ・{非公開}X設定(V)〜
       もし、動画か(Fファイルから拡張子抽出)なら
         もし、Fファイルが空でなければ
           「put {名前} destination at {V} {Y} {W} {H}」をMCI送信。
           FX=V
       違えば、「ファイルが動画ではありません」でエラー発生
     ・{非公開}X取得〜それ=FX
     ・{非公開}Y設定(V)〜
       もし、動画か(Fファイルから拡張子抽出)なら
         もし、Fファイルが空でなければ
           「put {名前} destination at {X} {V} {W} {H}」をMCI送信。
           FY=V
       違えば、「ファイルが動画ではありません」でエラー発生
     ・{非公開}Y取得〜それ=FY
     ・{非公開}W設定(V)〜
       もし、動画か(Fファイルから拡張子抽出)なら
         もし、Fファイルが空でなければ
           「put {名前} destination at {X} {Y} {V} {H}」をMCI送信。
           FW=V
       違えば、「ファイルが動画ではありません」でエラー発生
     ・{非公開}W取得〜それ=FW
     ・{非公開}H設定(V)〜
       もし、動画か(Fファイルから拡張子抽出)なら
         もし、Fファイルが空でなければ
           「put {名前} destination at {X} {Y} {W} {V}」をMCI送信。
           FH=V
       違えば、「ファイルが動画ではありません」でエラー発生
     ・{非公開}H取得〜それ=FH
     ・{非公開}元サイズ取得〜
       もし、動画か(Fファイルから拡張子抽出)なら
         もし、Fファイルが空でなければ
           「where {名前} source」をMCI送信。
            「 」で区切る。
       違えば、「ファイルが動画ではありません」でエラー発生
     ・閉じる〜
       もし、Fファイルが空でなければ名前をMCI閉じる。
       Fファイルは空。
     ・{非公開}Fファイル
     ・{非公開}ファイル取得〜それはFファイル
     ・{非公開}状態取得〜
       もし、Fファイルが空でなければ「status {名前} mode」をMCI送信。
       違えば、それは空
     ・{非公開}状態設定(V)〜
       もし、Fファイルが空でなければ
         もし、OR(V=「playing」,V=「再生」)なら
           もし、自身→ループ=1なら「play {名前} repeat」をMCI送信。
           違えば「play {名前}」をMCI送信。
         もし、OR(V=「stoped」,V=「停止」)なら名前をMCI停止
         もし、OR(V=「paused」,V=「一時停止」)なら「pause {名前}」をMCI送信。
     ・{非公開}TF設定(V)〜「set {名前} time format {V}」をMCI送信。
     ・{非公開}TF取得〜「status {名前} time format」をMCI送信。
     ・{非公開}位置設定(V)〜
       もし、Fファイルが空でなければ
         F状態は状態
         Vで条件分岐
           「始め」なら「seek {名前} to start」をMCI送信。
           「終わり」なら「seek {名前} to end」をMCI送信。
           違えば「seek {名前} to {V}」をMCI送信。
         状態は「{F状態}」
     ・{非公開}位置取得〜
       もし、Fファイルが空でなければ「status {名前} position」をMCI送信。
       違えば、それ=0
     ・{非公開}音量設定(V)〜

       もし、Fファイルが空でなければ「setaudio {名前} volume to {V}」をMCI送信。
     ・{非公開}音量取得〜
       もし、Fファイルが空でなければ「status {名前} volume」をMCI送信。
       違えば、それ=1000
     ・{非公開}右音量設定(V)〜
       もし、Fファイルが空でなければ「setaudio {名前} right volume to {V}」をMCI送信。
     ・{非公開}右音量取得〜
       もし、Fファイルが空でなければ「status {名前} right volume」をMCI送信。
       違えば、それ=1000
     ・{非公開}左音量設定(V)〜
       もし、Fファイルが空でなければ「setaudio {名前} left volume to {V}」をMCI送信。
     ・{非公開}左音量取得〜
       もし、Fファイルが空でなければ「status {名前} left volume」をMCI送信。
       違えば、それ=1000
     ・{非公開}Fミュート{=0}
     ・{非公開}ミュート設定(V)〜
       もし、Fファイルが空でなければ
         もし、Vが1なら
           「set {名前} audio all off」をMCI送信。
           Fミュート=1
         違えば
           「set {名前} audio all on」をMCI送信。
           Fミュート=0    
     ・{非公開}ミュート取得〜それ=Fミュート
     ・{非公開}速さ設定(V)〜
       もし、Fファイルが空でなければ「set {名前} speed {V}」をMCI送信。
     ・{非公開}速さ取得〜
       もし、Fファイルが空でなければ「status {名前} speed」をMCI送信。
       違えば、それ=1000
     ・{非公開}長さ取得〜「status {名前} length」をMCI送信。

    ●母艦設計
      母艦のスタイルは「ツールウィンドウ」
      母艦の可視はオフ

    再生ファイル=「boot.wmv」
    テストとはMCIオブジェクト。
    #そのファイルはファイル。 #★関数「動画再生」で設定してます
    #その表示先ハンドルは(母艦のハンドル) #★〃
    #テストの状態は「再生」 #★〃
    再生ファイルを動画再生 #●関数

    母艦について
    #  クライアントWは(テストのW) #★テストのファイル設定時に変更
    #  クライアントHは(テストのH+10) #★〃
    #  サイズ変更した時は #★ツールウィンドウのため不要
    #    テストのWは(母艦のクライアントW) #★〃
    #    テストのHは(母艦のクライアントH-10) #★〃
      閉じた時は
        テストを閉じる

    別画面とはフォーム
    その親部品は母艦

    #母艦を中心移動 #関数内に移動
    母艦は「」
    母艦の可視はオン

    5秒待つ
    再生ファイルは「message-op.wmv」
    #テストの状態は「再生」 #★テストにファイルを設定してないため意味無し
    再生ファイルを動画再生 #●関数

    アプリサムネとはフォーム #イメージをフォームに変更
    その画像は「button.png」
    その親部品は母艦
    その最前面表示はオン
    その表示 #★追加
    これを中央移動

    ●動画再生(Fを)
      テストの状態は「停止」 #★追加:念のため
      テストのファイルはF #テストのファイル設定
      テストの表示先ハンドルは(別画面のハンドル)
      動画サイズ設定 #●関数
      テストの状態は「再生」

    ●動画サイズ設定
      SIZEとは配列=テストの元サイズ #ローカル変数
      母艦のクライアントWはSIZE[2]
      母艦のクライアントHはSIZE[3]
      母艦を中央移動 #★ここに移動しました:「中央移動」命令に変更:関数「●中心移動」は不要

    これだとオブジェクトを特定できない、とエラー表示になってしまいます。
    どのようにすれば解決できるでしょうか。
削除キー/

 
関連内容&回答

Nomal 「MCIオブジェクト」と「イメージ」をそ... / 匿名 (14/01/13(Mon) 23:41) [#6517] 【 表 示 内 容 】
Nomal 部品宣言前に呼び出してるため / のなお (14/01/14(Tue) 16:36) [#6518]
  └Nomal Re[2]: 部品宣言前に呼び出してるため / 匿名 (14/01/15(Wed) 00:28) [#6519]



Name/
E-Mail/
Title/
URL/
Icon/ (画像を選択/サンプル一覧)
削除キー/ (半角8文字以内)
確認キー/ (”質問掲示板”と記入)
解決済み! BOX/ 解決したらチェック
 

Pass/

BBS CGI RSS CGI
Child Tree RSS/SPAM対応版